CORPORATE HISTORY沿革

沿革

                                 
1937年3月 株式会社東邦亜鉛工業所として設立 亜鉛鉄板製造販売を開始
1941年5月 ドラム缶製造販売を開始(旧東京第一工場)
1946年11月 商号を東邦工業株式会社に改称
1951年12月 ドラム缶に関しJIS表示許可
1952年6月 亜鉛鉄板に関しJIS表示許可
1955年7月 亜鉛鉄板コイルの製造販売開始
1959年10月 札幌営業所を設置 大阪営業所を設置
1961年3月 東京都江東区北砂町にドラム缶工場設置(旧東京第二工場)
1961年7月 着色亜鉛鉄板製造販売を開始
1962年8月 愛知県稲沢市に名古屋工場設置
1963年1月 名古屋営業所を設置
1964年8月 商号を東邦シートフレーム株式会社に改称
1968年12月 千葉県八千代市上高野工業団地に八千代工場設置
1970年5月 八千代工場に亜鉛鉄板、着色亜鉛鉄板、富士波製品の各製造工場完成により、東京第一工場を閉鎖し八千代工場に全面移転
1971年4月 亜鉛鉄板および着色亜鉛鉄板に関しJIS表示許可
1971年6月 スーパーサイディングの製造販売を開始
1971年9月 鋼製ドラム缶に関しJIS表示許可
1973年2月 仙台営業所を設置
1974年12月 新潟営業所を設置
1981年6月 八千代工場に生産集約化することにより、名古屋工場を閉鎖
1983年8月 アイフロア85、アイフロア25(仮設床板)の製造販売を開始
1984年6月 CI(コーポレート・アイデンティティ)の導入開始 オーバー50活動
1988年11月 東京都江戸川区小松川に都市型新工場を設置
1990年2月 北海道石狩町に石狩工場(北方圏型)を設置
1994年3月 連続塗装設備(1CCL)改造工事完了
1995年10月 サイディングの発泡について完全ノンフロン化技術確立
1997年6月 八千代工場・鋼製ドラムおよび天板の製造を対象にISO9002認証を取得
1997年10月 「インスタンド」グッドデザイン賞・外国商品賞を受賞
1998年12月 八千代事業所を新設し、本社機能を移転
1999年6月 エンボス加工を含む塗装各製品を対象にISO9001認証を取得 新潟営業所を閉鎖
2000年4月 溶接タイプのスチールパレットを販売開始
2002年10月 東邦物流株式会社を物流効率化の一貫として合併
2003年3月 札幌シートフレーム株式会社と東邦ビルド株式会社の経営資源を集中させ、経営の合理化・効率化を推進するために合併
2003年4月 鉄道車両用窓I.G.P®(ポリカーボネートとガラスのハイブリッド複合ユニット窓)の製造販売開始
2007年10月 八千代工場にクリーン工場を新設
2008年5月 金属サイディング加工製品(含む付属品)の設計、開発及び製造を対象にISO9001を取得
2008年10月 「I.G.P®(ポリカーガラスハイブリッド窓)」グッドデザイン賞を受賞
2009年10月 大阪営業所と名古屋営業所を統合し、名古屋営業所を廃止
2009年11月 「クリアヒート®P(ポリカーボネート樹脂窓)」グッドデザイン賞を受賞
2011年6月 亜鉛鉄板・カラー鋼板・金属サイディング・鋼製屋根・鋼製ドラム缶・鋼製パレット・車両用窓の製造に関わる事業活動を対象にISO14001認証を取得
2012年4月 新潟営業所を設置
2013年10月 「鉄道信号機用フード/クリアヒート式信号機フード」グッドデザイン賞受賞
2014年5月 鋼製パレット加工製品の設計、開発及び製造を対象にISO9001認証を取得
2015年10月 容器事業部容器販売G 東京オフィスへ移転
2016年7月 木造建築物耐火屋根断熱防水工法を開発
2018年4月 I.G.P®(ポリカ・ガラスハイブリッド窓)海外向初受注
2020年5月 車両用窓等樹脂製品の設計、開発及び製造を対象にISO9001を取得